チューリップツアーに行っていきました!農場視察

農業研修視察第3弾!!

学校が休みの休日を利用してシアトルにある

「Roozen Garden」&「Master Gardener Discovery Garden」

まで行って来ました!

*本記事は「鉢物」専攻のE氏の証言をもとに作成しました。

コメント

なりブログ初のインタビュー形式で行いたいと思います!

f:id:pantarima:20180409105007j:plain
自然な笑顔が咲く研修生

B:どうやって行ったん?

E:バンで行きました!片道4時間半でした。

 

B:4時間半?

E: はい。途中でマックとか寄れたんで良かったっすけどね。

先生がずっと運転ってのが辛かったと思います。(ありがとうございました

B:え〜と、どこに行ったんだっけ?w

E:ルーズんガーディ〜?なんやっけ、調べよ。

3分後

E:最初チューリップフェスティバルのところ行って、次は。。。

B:2つ行ったのか?

E:はい,最初は公園みたいなところ行って、次に観光農園みたいなところですね。

E:最初に行ってところが、「Roozen Garden」

 2つ目は「Master Gardener Discovery Garden」

www.youtube.com

B:それぞれの概要を簡単に教えて!

E:「Roozen Garden」が国が管理している公園で、

 「Master Gardener Discovery Garden」は18名のガーディナーが携わり20年前に建てたられた、都市ガーデニングのアドバイス等を行なっている施設だそうです。

来園者年間1万人らしいです。

(メンテナンスはボランティアって言っていました)

B:少ない?

E:いや、あの立地で1日30人と考えたら多いんじゃないですか?

B:そことJATPとの繋がりは?

E:ただ、担当の先生が用意してくれただけみたいです。10時間の運転には頭が上がらないです。

B:印象的だったものは?

E:笹を見つけたことですね?(実家で笹を作っているので)

 

B:この視察で学んだことは?

E:日本の造園技術の高さに気付かされました!日本は本当に細かいところまで管理しているので、改めてすごいと感じました。

 

B:この視察一言で言うとどうだった?

E:ステイシー(先生)に感謝ですよね。

最後に2つ

B:海外農業研修に参加した理由は?

E:海外から日本を見てみたかったから。それに尽きますね。

 

B:後輩達へ何かあります?

E:客観的視点を養おう!

B:そんだけ?
E:そうすっよ

以上、2週間しかアメリカに滞在していない

内容の薄いアドバイスでした。w

 

写真集 

f:id:pantarima:20180409114704j:plain
例のE氏at Mac
f:id:pantarima:20180409114852j:plain
色鮮やかなお花達
f:id:pantarima:20180409114840j:plain
真面目な顔で話を聞くE氏
f:id:pantarima:20180409114844j:plain
記念フォト
f:id:pantarima:20180409111555j:plain
入場券 (7$)

最後に!

専攻外の研修はインタビュー形式で紹介できればなと思います〜

ではまた

Bob

“合わせて読みたい”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です