採草地を取得しました!石垣島で農地取得は難しいのか?

ハイサイ
牛飼いと名乗って、一頭も自分名義の牛を所有していない詐欺師ことウネカズナリです。
金融機関からの借入が可能になれば実現しますので今しばらくお待ちください。

今回は、採草地を取得できたので早速耕して草を撒いてきました。

採草地:牛の餌となる牧草を育てる土地

ざっくり採草地造成費用

採草地造成の依頼は、大体20万/ha
*機械代、作業代込みですが結構かかりますー!
早く、車両系建設機械の資格を取得したいと思います。

採草地取得面積

取得面積としては、1.1haです。
元々、土地を貸りる予定の方が転勤になった為声がかかりました!!!!
ラッキー!

農地の借地方法

個人的な感想ですが、農地を探すのは非常に難しくて、今回取得できたのもお隣さんからたまたま声がかかっただけで、ネットや農地中間管理機構にも登録していない地主さんです。

支払いなど、後から揉めることがないように「農地中間管理機構」さんに間に入ってもらって借地契約を行いました。
書類を揃えて、両者了承の上、沖縄県の方に報告がいき、約1ヶ月ほどで承認されました。

農地中間管理機構を活用して農地を探す場合は、市の農業委員会を尋ねて、
・探している地区(西部地区など)
・土地の状態(地主が借地希望なのか、売却希望なのか等)

を確認することができます。

全てのデータがそこに集約されているわけではなく、ローカルの繋がりで土地を借りるのが現実的かなと思います。

 

採草地の様子

 

牧草の品種はトランスバーラです!
本来は、4月に植えるのがベストらしく、二回刈って、冬場を迎えるとトランスバーラが根を張って雑草に打ち勝つそうです。

8月に植えました(小声

年末には草が生えてくることを願って今回のブログは締めたいと思います。でわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です